30代の婚活は辛い!でも落ち込む必要はない!

断られても落ち込む必要は全くない!

 

フラれても落ち込まない

 

あなたは男性にフラれた事はありますか?相手の事が好きであればあるほど、本当につらい。長く付き合っていたのであれば尚更です。

 

 

場合によっては何日も寝こんだり、何日も食べものが喉を通らなかったりもします。失恋とは、それほどショックな出来事です。

 

 

でもそれは恋愛の話。

 

 

婚活は短期間勝負です。恋愛のステップを経ずに結婚を決めなければなりません。お互いを短期間で判断しなければならないので、どちらかというと条件のすり合わせがメインです。

 

 

例えば、男性側が「奥さんになる人には家庭に入って欲しい」と思っていても、女性側が「結婚しても絶対に働きたい」と考えていた場合、お断りするしかありません。

 

 

つまり、婚活に関してのお断りは、ただ合わなかっただけなので全く気にする必要はありません。

 

 

理想の女を目指してはいけない。

 

理想の女を目指しちゃダメ

 

婚活をしていて男性からお断りされると、「男性にとっての理想の女になりきれていないからだ」と考えてしまう女性がいます。

 

 

でも、世の中の結婚している人を見渡してみてください。お世辞にも理想の女とは言えない人ばかりではありませんか?世の男性が全て理想の女を求めていたら、皆ほとんど結婚できません。

 

 

つまり、理想の女になることは重要な問題ではなく、その為の努力も時間の無駄です。

 

 

重要なのは、男性がどんな女性を結婚相手にしたいかです。これについては、既に男性が結婚したいと思う女性とは?でお伝えした通りです。

 

 

お断りされたからと言って、変な方向に突っ走らないでくださいね。

 

 

逆に、あなたがお断りしようかなと思った場合。

 

ごめんなさい

 

あなたからお断りする時も、心を痛める必要は全くありません。

 

 

ただし、あなたが男性をお断りしようと思った理由が

 

  • 話がつまらなかった。
  • リードしてくれなかった。

 

このような理由であれば、もう少し考えてからでも遅くありません。

 

 

出会ってスグの状態では男性も緊張している可能性が高いからです。何回かお会いするうちにだんだんと慣れて、素敵な方とわかるかもしれません。

 

 

また、日本人男性にはレディファーストの精神はそれほどありませんので、リードは期待しない方が良いです。そもそも女性の扱いに慣れている人は婚活の場にはあまりいません。

 

 

これも何回かお会いするうちに少しずつ身につくものです。焦らずに話し合いを重ねてください。

 

 

女性は男性に「○○して欲しかった」とすぐに何かを期待してしまいがちですが、男性は基本的に言わなければわかりません。

 

 

「もう少しゆっくり歩いて欲しい」など、自分の言いたいことはしっかりと伝えてください。何回言っても伝わらない相手であればご縁が無かったとお断りをしても大丈夫です。

 

 

もちろん、生理的に絶対に無理!という場合は無理をする必要はありませんが、そうでなければ3回くらいは会ってお話をしてください。

 

 

アラフォーでも良いと言ってくれる男性はとても貴重です!

 

 

今回のまとめ

  • 断られたのは「合わなかった」だけ。落ち込む必要はない。
  • 自分の持つ「理想の女像」を目指してはいけない。
  • 生理的に無理な場合を除き、1人の男性とは複数回会って話す。

 

>>>【次へ】 結婚する意思を持った人と出逢わなければならない!
>>>【前へ】 婚活中にするべきこと、絶対にしてはいけないこと。
>>>トップページへ戻る